おるかみわふーっ♪

オススメ同人サークルさんをヴァリアブルに紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同人ソフト紹介~vol.08~『ナルキッソス』

記念すべき第8回目は【ステージなな】さんの『ナルキッソス』です。
ジャンルはオリジナルビジュアルノベルとなります。ヾ(*'¬'*)ノ

ステージ☆なな

【ジャケット画像】(クリックでサークルさんサイトへ)
『ナルキッソス-SIDE 2nd-』ジャケット

【以下、作品ページよりストーリー引用】


(narcissu)
現代、暗い、主人公とヒロイン、どっちも死にます。

(narcissu-SIDE 2nd-)
舞台は前作の6~7年前。夏。
セツミと彼女を取り囲む人達との
アナザーのようなストーリーです。


>ストーリー補足
公式のストーリー紹介が短いw
そんなわけでちょっとした補足です。

-1996年 春 セツミ-
6月。中学に入ってすぐの頃。
水泳用の水着を買った翌日、初めて入院というものを経験した佐倉瀬津美。
最初はクラスの友達もお見舞いに来てくれた。
しかし入退院を繰り返すうちに友達が知り合いに、知り合いが他人へと変わっていく。
“どうやら、いい気がしないらしい”
“普通の人にとって、私の存在は”
“だから…消された…”
そうして誰とも会話することなく過ごした、幾つもの季節。

-主人公 2004年 初夏-
運転免許を取得した翌日、突然胸が苦しくなり病院へと向かう阿東優。
普段から病気には縁がなかった。受付の待ち時間も退屈だった。
検査を受けたあと、さらに待たされた。
退屈しのぎに雑誌に手を伸ばした時、そのまま入院の手続きをさせられた。
真新しい免許証、その出番がほんの少し遠のいた。
それだけだと思っていた。

-主人公 2004年 秋-
入退院を繰り返し体重が減った。
食欲も減ったが、薬の量と種類は増えていった。

-主人公 2004年 冬-
一時退院するも家族の不自然な様子から何かを察する。

-主人公 2005年 1月-
そう長くは生きられないことが告げられホスピスに入ることに。
高い天井。白いビニールの腕輪。15cmしか開かない窓。

そこで2人は出会います。
と、冒頭はこんな感じです。

>作品概要
webにて無料公開されている全年齢向フリーノベルです。
作品は大まかに1作目の『narcissu(ナルキッソス)』(通称:ナルキ)とその過去の話となる2作目の『narcissu-SIDE 2nd-(ナルキッソス サイドセカンド)』(通称:ナルキ2)から構成されています。
他にはナルキ2のプロローグ部分に当たるドラマCDやサイドストーリー的な小説本、ビジュアルファンブックなどがあります。
しかしあくまでもメインは1作目のナルキであり、他は補完的な役割とのこと。
ちなみにビジュアルノベルと言ってもイラストは数点のみで立ち絵もありません。
これは制作者の片岡ともさんが以前から考えていた『可能な限りボイス、絵、文などの情報を削り、読み手の無限のイメージに期待する』という実験的な試みが理由です。
そのためボイスは比較できるようにあり/なしが選択できます。

>グラフィック
『narcissu』のメインイメージイラストレーターはMITAONSYAさん。
『narcissu-SIDE 2nd-』のメインイメージイラストレーターは『Peeping P!』のごとPさん。
Peeping P!

>音楽
BGMはオリジナル曲や既存曲のアレンジを使用されています。
『ナルキッソス -inst-』、『終末の過ごし方より』、『Narcissu~セツミのテーマ~』
『ナルキッソス』、『ナルキッソス inst』、『15cm』
が特にお気に入りです。

>web配布
現在web配布中のダウンロード版は『narcissu』、『narcissu-SIDE 2nd-』、『ドラマCD』が一つにされたものです。
ショップに卸されているパッケージ版も内容は同じです。
現物がほしいという方はそちらをどうぞ。
ドラマCD単品は恐らくショップの在庫限り。
ビジュアルファンブックは再販予定なしということですので現在入手困難。
小説本は再販が開始されました。

>小説本
MF文庫Jより上記同人版とは異なるナルキ小説が2008/7/25に発売されました。
ナルキ1をベースにシナリオの新規書き下ろしや新キャラが追加。
表紙イラストと巻頭ピンナップはごとPさん、挿絵はいくたたかのんさんです。
ちなみに発表当初の公式サイトの表記ではごとPさんと黒井みめいさんでした。
Peeping P!
たかのん大国(仮)
KuroIchigo Note.
ピンナップがスク水です!ピンナップがスク水です!The pinup is school swimwear!
MF文庫Jの個別ページから見れますよ。
ついにねんがんの、すくみずをてにいれたぞ。
大事なことなので熱を込めて言いました。

>スクリーンショット(ブラウザの【戻る】ボタンにてお戻り下さい)
タイトル画面(ver.ナルキ2)…予感していたのかも知れない……名も知れぬ道を走るロードスター…
わたしに出来ることは…血液型A、名前は千尋、21才、女性…エプロンは赤。タイトル画面(ver.ナルキ)
…あなた、何回目?ナルキッソス…水仙のことよ曇り空の下、走る銀のクーペ

>ネタバレ感想(のため反転)
>時系列
ナルキ2(12:ネロとアロア、13:優しさ(後半)、15:半分の祈り、17:空(中盤)、18:”誰が為に”(中盤))→ナルキ(プロローグ(セツミ))→ナルキ2(02:姫子1~03:姫子2)→ナルキ2(04:15の夏~(回想部分除く)~18:”誰が為に”)→ナルキ2(19:魔法(タイトルロゴまで))→小説本→ナルキ2(19:魔法(タイトルロゴ以降)~エピローグ -冬-)→ナルキ2(01:プロローグ)→ナルキ(プロローグ(主人公))→ナルキ(chapter:01 7F~chapter:08 白石工務店)→ナルキ2(エピローグ/ALLクレジット)

>narcissu
運命を決定付けられた女の子、その生涯の一端を第三者視点から見ているような感じ。
そういう観点からいうと感情移入させないためにも立ち絵やイベント絵がないのは効果的でした。
一度は祈ることも呪うことも諦めて過ごしてきたセツミ。
それが水仙の花や主人公の誘いによって揺れ動きます。
最終的な結末は一緒だったとしても、あの時あの誘いを断っていたらどのような最期を向かえていたのでしょうか。
年間自殺者数3万人の内の一人。それぞれの理由。
それを知る由はありませんが、その生き様を通して伝えられる何かがあれば、そう思います。

>narcissu-姫子1&2-(ドラマCD部分)
姫子の物語。セツミとは正反対な性格ですね。
境遇は似ていますけど、その相違点は友人の有無。
姫子にとって優花の存在はかなり大きかったのではないかと。
人の死が悲しいのはそれが永遠の別れだからでしょうか。
もう会えないの“もう”が最後の時を表しているから。
でも自分の死によって悲しんでくれるということが、その人にとって自分がそれほどの存在、かけがえの無い存在になれたということの証であるのならば嬉しいかな。

>narcissu-SIDE 2nd-
セツミも決して孤独だったわけではなく、温かい人達に囲まれていたという話。
姫子の行動原理は過去にヘルパーを担当した女の子にありました。
“死を意識することで初めて生を実感することができる”
相反する/交わることがないからこそ、互いが互いをより際立たせるわけですね。
命の輝きは有限ゆえでしょうか。

>小説本
姫子と優花によるナルキ2サイドストーリー。
姫子が優花にエールを送る話です。
ホスピス入りが決まり一度は2度と会わないと決めたものの、セツミとの出会いがそれを変えたようでした。
友人なら尚更最期の時まで一緒にいたいと思うものですが、徐々に弱っていくのを見ていることしかできないのは確かに辛そうです。
逆に自分が死に逝く立場なら側にいないでほしい、見ないでほしいという心情も理解できます。
ただ、その時どう思うのかは実際にその時になってみないとよくわかりませんね。
BGMとしてnarcissuのinst ver.を掛けながら読むと片岡さんが喜びます。

>ビジュアルファンブック
>各種設定
セツミ:みずがめ座/O型
姫子:てんびん座/AB型
千尋:さそり座/A型
優花:射手座/O型
主人公:てんびん座/O型
私:てんびん座/AB型
女の子:純粋の象徴。名前がないのは名称ですらその性質を冒す“穢れ”になりうると考えたからだそうです。CG実装も悩んだ末のこととか。

>病名
リアリティを出すとストーリーの本質がブレてしまうためはっきりとした病名の設定はないそうです。
大まかなイメージは先天性、伝染性はない、保険は利く、外科。
あと、作中よりセツミと主人公は循環器系の病気らしい。

>舞台
【ナルキ1:病院~淡路島までのルートまとめ】
病院→入間→(国道16号線)→八王子→(国道129号線)→平塚→(国道1号線)→名古屋→(国道22号線)→岐阜→(国道21号線)→米原→(国道8号線~国道1号線)→草津→(京滋バイパス)→瀬田東IC→(名神高速道路)→吹田JCT→(中国自動車道)→神戸JCT→(山陽自動車道)→三木JCT→淡路島(洲本インター)

【ナルキ2:病院~富士山までのルートまとめ】
病院→(国道6号線)→(東北自動車道)→板橋JCT→(池袋線)→(環状線)→(東名自動車道)→(更に高速乗り継ぎ)→富士山(五合目駐車場)

舞台は北関東(栃木、茨城、群馬あたり)の郊外という設定。
厳密には不明とのことです。
ナルキ1のルートはビジュアルファンブックに載っていたものですが、ナルキ2の方は私が本編を読みながら書き出したものなので若干間違っているかも。
道路の乗り継ぎとか正直わかりません。( ´ー`)ー3
プロフィール

ゆめと

Author:ゆめと
Seiza:Libra
TinoType:AB+
Home:千葉

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ば-けものたふし[化畜仆]

[interfaith]

RSSフィード
お知り合い
通販リンク
ブログ内検索

【応援中】Cheers!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。