おるかみわふーっ♪

オススメ同人サークルさんをヴァリアブルに紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同人ソフト紹介~vol.03~『Bye-INTEGRAL-』

記念すべき第3回目は【トラウムブルグ7番地】さんの『Bye-INTEGRAL-』です。
ジャンルは感動ビジュアルノベルとなります。ヾ(*'¬'*)ノ

トラウムブルグ7番地

【ジャケット画像】(クリックでサークルさんサイトへ)
『Bye-INTEGRAL-』ジャケット

【以下、作品ページよりストーリー引用】


冬、寂れた街。
総人は半年前から、この街で過ごしていた。

雪は音を消し、白一色の世界に染める。
しかし杏との出会いが、忘れかけていた総人の記憶と重なった。
全てを失った、悲しい記憶と。

家では、母親代わりの真由美と、片手片足を失っている妹の麗奈が、総人の帰りを待っていた。  
そして杏は、総人の姉として古館家にやってくる。

弱視という恐怖にも耐えながら、強く生きようと自分に言い聞かせている瑞穂。
重い病気を抱えながら、孤独と向き合って健気に生きようとする瑠璃。

悲しい過去と、切ない現実を持った人々。
物語は、ここから紡がれる。

命の儚さと、幸せの形―――
あなたは、感じたことがありますか?



>作品情報
全6章構成の分岐なしビジュアルノベル。
webにて無料公開している同名のビジュアルノベル、『Bye』(こちらは5章構成)に新エピソード『∫』を追加したものとなります。
総プレイ時間は13時間ほど。
作品ページでは24時間と記載されていますが、それほど掛からないと思います。
ですので、興味はあったけど総プレイ時間を見てちょっと手が出しづらかったという方もぜひ。
また、一気に読んでしまいたいがまとまった時間が取れず、取れたとしても各章ごとにどれほど時間が掛かるのかがわからないのでプレイしづらい、という方向けに各章ごとのプレイ時間も載せておきます。
私個人のものですがプレイの参考までに。

章別所要時間
第1章 -rain-(2時間30分)
第2章 -snow-(1時間30分)
第3章 -fine-(1時間45分)
第4章 -bye-(1時間15分)
第5章 -∮-(3時間50分)
第6章 -∫-(2時間00分)

各章は独立していますが、完全な平行世界のお話ではありません。
本筋となるお話を章によって主観キャラを変えながら描いている感じでしょうか。
基本的に内容は違いますが同じ場面も多数存在します。
わかりやすくいうとメインエピソードを中心軸として、その周りを各シナリオが互いに交差しつつも螺旋を描きながら取り囲んでいるようなイメージですかね。


…。


余計わかりづらくなった。

>web配布
『rain』~『∮』までの全5章が収録された『Bye』はサークルさんの作品ページにて無料公開されています。
その『Bye』に新エピソード『∫』を追加したものが『Bye-INTEGRAL-』となります。
こちらは各同人ショップにて委託販売中です。
『Bye』を既にプレイされた方向けに『∫』からプレイ可能になるパッチも完備。

>グラフィック
立ち絵やイベント絵など、グラフィック担当は『-SORAHANE-』の秋月つかささん。
-SORAHANE-
杏、夏美、真由美さんが好きです。ヽ(´ー`)ノ
ロリ?ハテ、ナンノコトヤラ。
背景は手書きだそうですよ。Σ(・ω・ノ)ノ

>音楽
BGMはフリー素材ですが、雰囲気にあっているものが選曲されています。
ボーカル曲の『Lapis Lazuli』はこの作品をイメージして書き下ろされているので、そのことを念頭に聴いてみるとよいかと思われます。
ムービーでは一瞬とはいえ動いている瑠璃が見れたことに感無量です。

>感想
プレイのきっかけはサークルさんのBBSです。
感動した、泣いた、という書き込みが多かったので興味をそそられました。
当時はまだweb配布がされていなかったので、始まるまで待ってましたね。(´・ω・`)
そしていざプレイしてみると、まさに書き込みの通り。

舞台は秋田県湯沢市をイメージしているらしいです。
全編にわたり、死を通して生の儚さや尊さが描かれています。
確かに普段何気なく生きている分には生きていることのありがたみって感じづらいものです。
死に直面したり、死を思うことで生を実感するところには共感しました。
また、幸せの形というものがもう一つのテーマとしてあります。
Byeの登場人物はみんな身体的または精神的に傷を負っています。
これが“半人前の幸せ”と呼ばれる由縁ですね。
命の儚さや尊さ、幸せの形、残される想いなどたくさんのものを感じ取りました。
作品ページのBBSを読むと、製作者側の伝えたかったことがユーザーにしっかり届いていることも伺えます。
それはとてもすばらしいことではないでしょうか。
ぜひプレイしてみて下さい。心に響く、いいお話です。
ただ日常シーンの掴みが弱い故に、序盤で切ってしまう人が多いのも事実。
とりあえず病院シーンまでは見てもらいたいものです。
命の儚さを知ることで読了後にほんの少しだけ優しい気持ちになれる、そんな作品。
キャラクターの名前は秋田県湯沢市内の地名を元にしているそうです。

>スクリーンショット(ブラウザの【戻る】ボタンにてお戻り下さい)
タイトル画面大目に見ても1年か?……暴言よ。
物騒だな、オイ。アイキャッチ朝からホイコーロー
もどろう。やわらかい目覚まし時計マシンガントーク


>ネタバレ感想(のため反転)
>rain
総人視点。杏が唯一死んでしまうシナリオ。
花火シーン~ラストの日記シーンがただひたすら切なかった。
それだけ杏が魅力的だったということかな。
他のシナリオでは真由美さんの家で小説家を目指すことになるので、この章は杏が総人との出会いの日に死を選んでいた場合のIfストーリー的な位置づけなんでしょうか。
でもこれを始めに持ってきてよかったと思います。
生存シナリオを先に持ってくると、感動も半減してしまいますから。

>snow
麗奈視点。麗奈と真由美さんの親子愛が描かれたシナリオ。
他シナリオと比べると現実的で、麗奈の想いや過去、妊娠や堕胎などが描かれ内容も若干ハードです。
rainを見終わった後だけに衝撃的でした。全シナリオの中でも特に異彩を放ってます。
父親の無理心中で手足を失い、その原因を作った母親を恨み続けてきた麗奈ですが、最後にはわかりあうことができて本当に良かったです。
真由美さんまで死んでしまったら麗奈が寂しすぎますから。
ところで麗奈の義手義足って動かしている描写がないような気がするのですが、付けているだけなのでしょうか。

>fine
総人視点。残される者に遺す想いがテーマかな。
『∮』の繋ぎとなるようなお話。
瑠璃の死を受け入れられない総人が“ゆい”を生み出してしまうエピソードですね。
短命でも懸命に生きた瑠璃の人生は輝いていたと思います。
ゆいとの別れの日はそこに至るまでの経過を丁寧に描いていたので、家を出て行くときの『いってきます』のシーンはありがちとはいえ、大変いいものとなっていました。

>bye
瑞穂視点。瑠璃と瑞穂の絆が描かれたシナリオ。
ラストの眼球移植シーンでの一連のプロセスが凄く好きです。
瑠璃の目を移植した時点できれいに終わらず、その後の“右目からしか涙が出ない”という設定がまたすばらしい。
瑠璃の目で見た一瞬の夕日というのも刹那的な美しさがありました。
いつまでも一緒にいる“約束”をこういう形で守るとは思いませんでしたね。
特に思い入れのあるシナリオです。

>∮
杏視点。杏が過去を振り返り、夢へ向けて再出発するまでを描いたシナリオ。
総まとめ的なシナリオで、全エピソード中、最も人気の高いシナリオでもあります。
募金エピソードにはちょっと考えさせられました。
『瑠璃ちゃんの命を助けるという事が、瑠璃ちゃんだけの命を助ける事だって思わない』
『このことが命の儚さや尊さを知ることになって、新しく命を助けることになっていくの』
という件の部分には思わず引き込まれましたね。
確かに瑠璃を見捨てて100万人の命を救い尚且つその人達が救命の連鎖を行えばより多くの人の命を救えるかもしれませんが、それが瑠璃の命を見捨てていい理由にはならないと思います。
瑠璃だってその内の大切な一人なんですから。
“命は、数字だけで表せられない。”
“重さの違いも、価値の違いも存在しない。”
詭弁だと言われそうですが、それでもこの言葉が好きです。

>∫
瑠璃視点。∮を瑠璃の目線から描いたシナリオ。
新キャラの夏美登場。最終章です。
追加シナリオにも関わらず後付け感がなく、『∮』の対となるエピソードとして相応しいのではないでしょか。
『涙を流すことは、──この感情を理解して欲しい。そういう感情が、目から溢れたもの』が印象的。
海外由来の犬の話も何気に好きです。
∫には“完全な”“欠けるところのない”という意味もありますね。


>おまけ
作品に使用されているフリーBGM一覧です。
曲ファイル自体はゲーム内のMUフォルダに全て入っています。
web版とINTEGRALでは使用されている曲に多少違いがあります。
INTEGRALの主題歌『Lapis Lazuli』はShort Ver.のみサークルさんサイトからDL可能。

SENTIVE
TAM Music Factory
Senses Circuit
桜 blossom

Bye ver1.00~1.02
曲数曲名制作元素材置き場/備考
1海へSENTIVESLOS #2002-31
2雪桜SENTIVESLOS #2002-32
3morningSENTIVESLOS #2002-35
4Cat WalkSENTIVESLOS #2002-46
5daysSENTIVESLOS #2002-66
6口笛SENTIVESLOS #2003-11
7窓から見える今日SENTIVESLOS #2003-13
8Last Letter -2000-SENTIVESLOS #2004-07
9沈んでゆく秘密SENTIVESLOS #2004-54
10最期に君がいたSENTIVESLOS #2005-29
11今日が終わる ~time outSENTIVESLOS #2006-17
12The Fiest FallSENTIVESLOS #2006-23
13月の雫TAM Music FactoryMP3素材 癒し系
14Forever SmileTAM Music FactoryMP3素材 癒し系
15瞳を閉じてTAM Music FactoryMP3素材 癒し系
16過ぎ去りし日々TAM Music FactoryMP3素材 MP3のみ
17UneasinesSSenses CircuitBGM素材 暗い系 #10
18木漏れ陽-オルゴールVer-Senses CircuitBGM素材 オルゴール #06
19夜空を見上げてSenses CircuitBGM素材 オルゴール #12


Bye-INTEGRAL-
曲数曲名制作元素材置き場/備考
1海へSENTIVESLOS #2002-31
2雪桜SENTIVESLOS #2002-32
3MorningSENTIVESLOS #2002-35
4Cat WalkSENTIVESLOS #2002-46
5daysSENTIVESLOS #2002-66
6口笛SENTIVESLOS #2003-11
7窓から見える今日SENTIVESLOS #2003-13
8Last Letter -2000-SENTIVESLOS #2004-07
9沈んでゆく秘密SENTIVESLOS #2004-54
10最期に君がいたSENTIVESLOS #2005-29
11今日が終わる ~time outSENTIVESLOS #2006-17
12The Fiest FallSENTIVESLOS #2006-23
13Loose...In My MindSENTIVESLOS #2006-38
14甘夏TAM Music FactoryMP3素材 夏イメージより
15月の雫TAM Music FactoryMP3素材 癒し系
16Forever SmileTAM Music FactoryMP3素材 癒し系
17瞳を閉じてTAM Music FactoryMP3素材 癒し系
18過ぎ去りし日々TAM Music FactoryMP3素材 MP3のみ
19Lapis Lazuli Orgel Solo桜 blossomDL不可
20Lapis Lazuli Piano Solo桜 blossomDL不可
21Lapis Lazuli Album Vocal Mixing Short Version桜 blossomDL不可
22Lapis Lazuli Album Vocal Mixing Full Version桜 blossomDL不可
プロフィール

ゆめと

Author:ゆめと
Seiza:Libra
TinoType:AB+
Home:千葉

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ば-けものたふし[化畜仆]

[interfaith]

RSSフィード
お知り合い
通販リンク
ブログ内検索

【応援中】Cheers!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。